ENG | JP
Leonardo VR
バーチャルシミュレータ

Innovations for life

シナリオインストラクター

ユーザのシナリオ作成することができます。LeonardoVRを幅広く使用することができます。
コンストラクタによって患者の状態、状態が変わる条件なども設定することができます。

患者状態には以下のパラメータを設定することができます

  • バーチャルサイン
  • 患者の受け答え
  • 検査結果、処置結果
  • 刺激への反応など"

臨床マインドを身に付けるためのバーチャルシミュレーション


コントロールパネル

問診 ボタンを押すと患者とやりとりができます。リストから患者からの質問を選択し、シナリオの既定の答えを選択することができます。
モニタリング ボタンを押すと、ユーザのリストへアクセスができ、リアルタイムで追跡ができます。心拍数、X11、SpO2、血圧、血糖値
診察 ボタンを押すと身体診察の手順一覧、皮膚の診察、心臓の聴診、肺の聴診、打診など行うことができます。
薬剤 ボタンを押すと薬剤リストが表示されます。患者の治療に用います。
検査 ボタンを押すと採血、循環器マーカー、喀痰検査の検査を選択することができます。
治療 ボタンを押すと除細動、酸素供給、カテーテルなど様々な救急処置ができるようになっています。
検査・診断 ボタンを押すと心電図、レントゲン、超音波などの患者の診察する上ではすべての方法が表示されます

Patient Library

臨床マインドを身に付けるためのバーチャルシミュレーション


LeonardoVRはバーチャルの台に画面にバーチャル患者が表示されます。患者の診察を行う上では、アセスメント、治療、治療方針決定などのスキル向上 それによって医療従事者のレベルが向上します。

臨床症例ライブラリー

シミュレーション終了しました。診断名を選択して下さい。

エクササイズ終了したと、学生が患者の診断を決めなければなりません


発注